パーソナルツール
現在位置: 【New】令和2年(ワ)第194号(山形) / 本件訴訟の経緯

本件訴訟の経緯

本件訴訟に至るまでの経緯を簡単にまとめる。なお、ウェブサイトの内容が問題になっているが、状況に応じて内容の追加や修正を行ったので、正確な日付がわからないものについては、およその日付である。訴訟が始まるまでは、原告被告が逆のさいたま地裁の令和2年(ワ)第2509号と同じである。

なお,相互で送受信した添付ファイルや,郵送した文書については,「ウルフアンドカンパニーから訴訟を予告するメールが来ました(2020/06/14-」からのリンクをたどれば読むことができる。

  • 2020/06/03
    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、次亜塩素酸水噴霧が行われるようになったことについて、被告(天羽)がBuzzFeedの取材を受け、その記事が「大量に商品が出回る「次亜塩素酸水」の危険 科学者「一番怖いのは...」」として公開された。同時に、Yahooニュースでも同じ内容が公開された。
  • 2020/06/14
    株式会社ウルフアンドカンパニー(原告)の代表取締役である大竹氏から、「貴殿の次亜塩素酸水のYahooニュースの件苦情抗議 と貴殿裁判の提起準備の件4」と題するメールが届いた。内容は,微酸性次亜塩素酸水が新型コロナに効果があることと,取材記事を取り消してウルフアンドカンパニーの商品を安全であると言わないと提訴するぞ,というものであった。以後、届いたメールの内容は随時「ウルフアンドカンパニーから訴訟を予告するメールが来ました(2020/06/14-」に追加し公開しており、これが本件訴訟の原因となった。
  • 2020/06/15
    被告から原告に対し,メールのタイトルが裁判の提起準備4となっているがこれが最初のメールなので,1から3はどうなったのかという問い合わせと,次亜塩素酸水の規格や効果についてのエビデンスを示すよう求めるメールを送った。
  • 2020/06/16
    原告から被告宛に3通のメールが届いた。1通目のメールは,原告がエビデンスと主張する内容について,ファイルが4つ添付されていた。2通目には,小波氏(京都女子大名誉教授)も提訴するとか,謝罪すれば訴訟を取りやめるといった内容に加えて,「無塩微酸性次亜塩素酸水と(浮遊菌・落下菌及び他の殺菌剤との違い 改定2020.6.15.doc」というファイルが添付されていた。3通目は,小波氏の代理人が原告に送った内容証明に対し,原告が反論として出した文書が添付されていた。
    ※小波氏が先に訴訟予告されて,弁護士を代理に立てて交渉事件としていた。私宛の訴訟予告は後から届いた。
  • 2020/06/19
    被告は,3通のメールに対する回答を書面で作成し,レターパックで原告に送付した。同時に,同じ内容をメールに添付して送信した。エビデンスはエビデンスたり得ないし,謝罪はせず,原告の商品を安全だということもしない,という内容であった。
  • 2020/06/25
    原告の要求を全て断ったので,被告は原告に,訴訟の日程を確認するため「訴状の提出予定について教えて下さい」というタイトルでメールを送信した。
  • 2020/06/26
    原告は被告に対し,「時間ができたら適切な時期に。」「いづれも弁護士無しです。弁護士付きの被告や弁護士をいつも涙目にしています。^^」という内容のメールを送信し,日程については明らかにしなかった。
  • 2020/07/01
    被告から原告に対し,内容証明を送付。内容は,当初のメール通りに被告を提訴するかそれとも提訴の予告を取り消すかどちらかを選べ,どちらも選ばなかった場合は被告が原告を提訴する,というものであった。
    ※この件について,被告は,内容証明に書いた通りのことを実行した。現在,山形地裁にて,謝罪やウルフアンドカンパニーの商品を安全だと公表する義務がないことを確認する債務不存在確認訴訟を提起し,進行中である。
  • 2020/07/06
    原告は被告に,「明日は法廷で私が2100万円の損害賠償を求めている被告と弁護士をオラオラして涙目にさせてきます。当然、私は弁護士無しです。そこら辺の出来損ない弁護士よりは力ありますよ。弁護士は文書では強い事書きますが、法廷で会うとへなちょこばかりですね。文武両道の私とは違います。」「越谷の裁判所の裁判官の部屋を知っていまして、関係者以外知らないのですが、何故か私は知っています。越谷の裁判所では、私が法廷に行くと厳戒態勢で、裁判官の部屋の前に防刃手袋をつけた職員が立ちます。」「貴殿が待てないのであれば、どうぞご自由に訴訟の提起をしてください。」「で、届いた内容証明は熟読してませんし、何かのURLも興味ありません。」といった内容のメールを送信した。
  • 22020/08/06
    越谷警察署から山形大学に電話。折り返しかけるように言われたので電話したところ,「ウルフアンドカンパニーから訴訟を予告するメールが来ました(2020/06/14-」に書いてある会社の名前や社長の名前を消して欲しいという要望があったと伝えられた。
  • 2020/08/19
    大竹氏から大学宛にクレーム。伝言をきいたところ,会社や社長の名前の削除要求だったらしい。
  • この時期,大竹氏が,小波氏の代理人に,自身が右翼であることや小波氏との件を右翼に相談しているといった内容を電話で伝え,そのことを私が小波氏から知らされたので,上記ウェブサイトに簡単に記載していた。後に,大竹氏から,そんなことは言ってないという主張がなされた。伝聞であったので短期間だけ掲載して現在のウェブサイトには出ていない。
  • 2020/09/17
    大竹氏は,上記ウェブサイトに出していた大竹氏送信のメールについて,削除要求のメールを被告に送信した。回答期限は9月19日だった。
  • 2020/09/17
    天羽は,削除要求を拒否する旨返信した。
  • 2020/09/22
    ウルフアンドカンパニーが,天羽を,さいたま簡易裁判所越谷支部に提訴。請求は,100万円の損害賠償と,メールを引用しているウェブページの削除など(令和2年(ハ)第652号)
  • 2020/09/24
    さいたま簡裁越谷支部が職権でさいたま地方裁判所越谷支部に事件を移送。削除要求の部分が訴額160万円とされたため,合計金額が260万円となり,地方裁判所の管轄となったため。
  • 2020/09/26
    職権で移送したという通知とともに訴状と書証がさいたま簡易裁判所越谷支部より届く。
  • 2020/09/28
    天羽がウルフアンドカンパニーを山形地裁に提訴。
    雑誌の取材記事の撤回やウルフアンドカンパニーの商品を安全だと表明する義務がないことを確認、理由のないことを行わせるための訴訟予告で生じた費用の賠償を求める内容、
  • 2021/01/22 第1回口頭弁論
    原告:訴状、証拠説明書、甲1〜甲21の3まで提出し陳述
    被告:答弁書陳述
  • 2021/02/26 第2回口頭弁論
    原告:準備書面1、証拠説明書1、甲22の1,2提出
    被告が準備書面を出さず具体的な反論を何もしなかったため結審。
  • 2021/04/14 一審判決。
    控訴審はなくそのまま確定。