環境ホルモン濫訴事件:中西応援団(判決確定につき、新規投稿受付は停止)


HOME | TREE表示 | BOX表示 | 使用上の注意 | 過去ログ | 文字検索 | 管理

[back]

【 関連記事一括表示 】

□記事番号 1777 に関する記事

記事番号:1777
タイトル:研究者のルサンチマンなど
名前:ハッター
投稿日時:2007/01/29(Mon) 17:38:50
URL:未入力
中西先生のカウントダウン日記にこちらでもクローズアップされた9億円問題の事が書かれていました。中西先生はその中で”「9億円もらって自分たちを利用しただけなのか・・・」ということを言うのかが理解できない”という内容を書いていらっしゃいました。それに関してちょっと思い当たる経験があり、また、中西先生もこちらを読まれているようなので、ここに書いてみようと思いました。
私が研究している分野はかつてはその専門の中でもメインストリームから随分遠いところにあったらしく、大学院生時代、重要性にスポットが当たってきた頃、指導教官はよく”昔は学会発表に2〜3人しか聴衆がいないのもざらだった”とちょっとシニカルに話したものです。それが、アメリカ経由で研究の重要性が見直され、いっきにメインストリームのひとつになりました。そして、それまでも面識がなかったわけでもない学会の中心的人物が急接近して共同研究者となり、埋もれていた研究成果が共著として世に出る事となりました。科研費も桁が一桁増えたと思います。
院生だった私は純粋に喜んでいたのですが、あるときお酒を飲んだ教官がボソリと”おれはあいつに利用されている”と苦々しい口調で言ったのです。確かにそれまで、全くその分野に知見がないに等しい方でした。派手で力のある科学者がやってきて、自分のかつての研究成果を多少マイナーチェンジして(たとえば国内紙に出していたものを英語にして国際紙に)世に出しているという思いがあったのかと思います。
政治的にすぐれた研究者とタッグを組んだ実務的研究者という風に割り切る事が出来なかったんでしょうね。
[返信] [削除] [修正]   .

記事番号:1778
タイトル:Re: 研究者のルサンチマンなど
名前:chem@u
投稿日時:2007/01/29(Mon) 19:25:41
URL:未入力
>中西先生のカウントダウン日記にこちらでもクローズアップされた9億円問題の事が書かれていました。

私の掲示板の投稿が参照されていたのでちょっとびっくり。それでも中西さんの

>「利用しただけ」というのは、あるとすれば、200万円しかもらえない公募班の人のせりふだと思います。

って結構意味深で、公募班としてかかわった150のグループ(単年度と二年連続両方あたったグループもあるだろうから実数はもっと下がるかも)の成果も含めて、「松井さんの業績」であるかのように例えば「100名近い新分野を切り開く博士号取得者をこの研究班から生み出すことができ」などと裁判で原告側が主張してますから。

[返信] [削除] [修正]   .

記事番号:1779
タイトル:Re: 研究者のルサンチマンなど
名前:読者
投稿日時:2007/01/29(Mon) 20:46:58
URL:未入力
>>「利用しただけ」というのは、あるとすれば、200万円しかもらえない公募班のの人のせりふだと思います。

明治初期の身分呼称になぞらえば公募班とは平民だろうか。
江戸時代なら、5000万円組が譜代大名か、親藩。公募組は外様か、外様の家臣扱いだったのだろう。多分9億円の後に続く研究費の臭いだけ嗅がせておいて研究費がおじゃんになったことを伝えもしなかった。平民や外様の家臣なら「俺たちは利用されただけの捨て駒かよ、とぼやきもでよう。

となると、M教授はなんだ?御三家?公家?
その京都大学M教授らが訴えられた、貸した金5000万円を返せという貸金返還訴訟は昨年12月26日判決が言い渡され、今月25日現在、一部が和解で訴訟終了。1人は判決確定。あと1人は未確定だということです。

3人の被告がばらばらでなんだか複雑なようですが、教授以外の2人はM教授の奥さんが社長の株式会社 遺伝子情報調査会の元取締役だったそうだ。


[返信] [削除] [修正]   .

記事番号:1780
タイトル:京都裁判:貸金返還
名前:読者B
投稿日時:2007/01/30(Tue) 19:56:58
URL:未入力
【設問】
M教授の結果はどれだったか?
数行の理由とともに記せ。

【選択肢】
「和解」「判決確定」「未確定」

>その京都大学M教授らが訴えられた、貸した金5000万円を返せという貸金返還訴訟は昨年12月26日判決が言い渡され、今月25日現在、一部が和解で訴訟終了。1人は判決確定。あと1人は未確定だということです。
>
>3人の被告がばらばらでなんだか複雑なようですが、教授以外の2人はM教授の奥さんが社長の株式会社 遺伝子情報調査会の元取締役だったそうだ。
[返信] [削除] [修正]   .

記事番号:1781
タイトル:京都裁判:(貸金返還)の結果推理
名前:読者C
投稿日時:2007/01/31(Wed) 22:54:39
URL:未入力
>【設問】
>M教授の結果はどれだったか?
>数行の理由とともに記せ。
>
>【選択肢】
>「和解」はありえないのではないか。
なぜなら退職金担保で5000万円借用しましたと、京都MIYAKOホテルの用紙に自筆で借用書をしたためたそうだから、現金5000万円そろえないと和解はありえないのでは?ないかな。どっちかな?どちらだろう。

明日はM教授が原告のもう一つの裁判の弁論。和解で決着するかどうか、結果をいち早く知りたい人は京都地裁民事2部の書記官に午後4時ころ電話するといいかも。次回弁論期日はいつですかと聞く。なぜ?って聞かれたら傍聴希望だからといえば・・
期日を教えてくれると、M教授の期待に反して和解は不成立。心穏やかならぬ日々は続くことに。それにしても裁判所が好きな人だね。2月2日は横浜地裁に、 来ないか?来られたら京都地裁の結果の正確なところを聞いてみようかな。 あれれ、これじゃオレ様も裁判所好きってことか?
[返信] [削除] [修正]   .

記事番号:1782
タイトル:Re: 京都裁判:貸金返還
名前:読者D
投稿日時:2007/02/01(Thu) 20:07:53
URL:未入力
>【設問】
>M教授の結果はどれだったか?
>数行の理由とともに記せ。

なんと「和解」したそうです

H18.12.21 和解
(1) H18.12.31限り 3200万円を支払う
(2) H19.5.31限り 50万円を支払う

H18.12.26 判決言い渡しの前に
和解したもよう

[返信] [削除] [修正]   .

記事番号:1783
タイトル:2/1 京都裁判
名前:X
投稿日時:2007/02/01(Thu) 23:33:43
URL:未入力
2/1 京都裁判、手短に。

Dハウスの被告は、代理人「和解できない」。
この件、次回は、2/26 14:00 より。

被告乙の代理人関係、乙14号証のとおりと言う。
松井氏は「苦情を申し上げるつもりはなかった」
とのこと。原告はこれ以上立証するつもりはない。
最初、裁判官「棄却でいいですか」と言ったが、
代理人が「取り下げが可能ならば相談してみる」
と返答。松井氏が同意するなら、終わりと思う。
この件は次回、2/8 14;00 より。

日時の記録が間違っている可能性があるから、
裁判所へ電話して確かめられたし。
そこら辺は自己責任を望む。
[返信] [削除] [修正]   .

[back]

HOME | TREE表示 | BOX表示 | 使用上の注意 | 過去ログ | 文字検索 | 管理

【小規模PHP製作所】