環境ホルモン濫訴事件:中西応援団(判決確定につき、新規投稿受付は停止)


HOME | TREE表示 | BOX表示 | 使用上の注意 | 過去ログ | 文字検索 | 管理

[back]

記事番号:1904
タイトル:ほぼご本人からだ。
名前:ham
投稿日時:2007/04/09(Mon) 21:27:12
URL:未入力
>>えー。配送経路は詐称不能なのー?
>
ついに私のほうにも配達されてきました。〔意外と速い〕発信は昨日の午後6時過ぎ。 用語法の特徴からほぼ間違いなくご本人からだ。でも、会社の名前が違うな。変更したのかな。螳篥岨匸霾鹹敢魂--- ->蠑尚羯囲佐超設計事務所

次のような内容。(一部分。)

皆様
このたび、3月30日横浜地方裁判所で、私が提訴していた中西準子氏しによる名誉毀損裁判の結果がでました。以下に結果と概要、私の意見を示します。私がホームペイジによる意見表明を行なって来なかったので、中西氏からの一方的な情報が流れ、皆様に誤解を与えてきたことにお詫びします。今回の判決は、私の訴訟内容が全面的に認められたものではないものの、中西氏のメイル内容が、「原告について否定的な印象を与えるものであることは否めない」ことを認めている点は、評価できます。しかし、インターネットのホームペイジ情報を通じた、私に対する名誉毀損が軽微であるとの判断は、承服できません。ホームペイジ内容のチェックが働かない仕組みにおいて、学者、研究者のホームペイジ利用の倫理問題について、私の重要な提訴の判断を避けた判決になっています。提訴後、中西氏は相変わらずホームペイジで、自分の言い分を流し続けました。私は、京都大学の公式ホームペイジしか使用してきませんでした。中西氏が、ホームペイジの内容を批判した私の意見に耳を傾け、誠実に回答するのではなく、自分に都合の良いものだけ掲載する倫理なきホームペイジの運用・・・

[コ メ ン ト]
判決は、原告の主張を基本的に認め、被告ホームページ上の本件記事が「原告について否定的な印象を与えるものであることは否めない」ことを認めたが、何らの根拠も示さずにこれによる原告の社会的評価に対する影響は極めて限られたものであり、原告の社会的評価は低下しないか、仮りに低下したとしてもその程度は軽微なものであり、名誉毀損に至っていないとしたもので遺憾である。
そのうえ、インターネットという新しい媒体の特質(何らのチェック機能もなく、一方的な言論を発信できること、読者層が限られる専門家の解説するホームページであることなど)を全く理解していないと言わざるを得ない。

やはり愚痴の類だ。「原告について否定的な印象を与えるものであることは否めない」ことを認めたが、・・名誉毀損を認めなかったのはイカンだ、そうだ。
そりゃそうだろう。あのようなプレゼンを肯定的に記述したり評価したら、した方が「アホ」扱いされるわな。

多数の意見書を再読してみた。判決に実によく反映されている。いわゆる普通の人の普通の読み方として。
読んでみいな。じっくりと。判決が納得できるから。
[削除] [修正]   .

□関連記事一覧

[back]


返信する場合は以下のフォームから

HOME | TREE表示 | BOX表示 | 使用上の注意 | 過去ログ | 文字検索 | 管理

【小規模PHP製作所】