2015/11/28 勉強会に参加しました

フォーラム フォーラム 平成26年ワ29256 2015/11/28 勉強会に参加しました

このトピックには5件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 年、 9 ヶ月前 apj さんが最後の更新を行いました。

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #45 返信

    apj

    2015年11月28日、松崎いたる板橋区議主催の、
    「板橋区ホタル生態環境館」問題 報告学習会
    に参加しました。
    会場限定っぽい話もいくつか出たので、そちらは詳しくは書きませんが、訴訟資料を読む上でポイントとなりそうな点をいくつかまとめます。

    1.阿部vs板橋区の紛争について
     阿部氏は、2014年3月に懲戒免職になっており、そのことについて板橋区と係争中である。この時の懲戒免職の理由は、業者への便宜供与、他自治体との無許可契約などが理由であり、ホタルの飼育偽装が原因ではない、ということである。

     免職の理由がホタルの飼育そのものではない以上、阿部vs板橋区の紛争で出された訴訟資料では、ホタル飼育の事実関係は重要視されないことが予想される。従って、飼育偽装について区側の代理人がスルーしたとしても、そのことをもって、ただちに飼育偽装が無かった、ということの裏付けにはならない。飼育実態については、本件訴訟での証拠提出を通して主張していく必要がある。

     民事訴訟における攻撃防御の中での立証は、科学の立証とは異なる。原告と被告双方が同じ主張をした場合、客観的に科学として間違っていても、裁判所の判断の前提となる。これは別に裁判所が間違った科学にお墨付きを与えたわけでもなんでもない。法的紛争を解決する機能を持たされた裁判所としては、原告被告で争いが無い事実は判断の前提にしなければならないことになっているだけである。
     したがって、区側の代理人が、訴訟とは直接の関係のないホタルの飼育実態について争わなかったとしても、それは単なる訴訟手続上の問題に過ぎず、「自然科学としての」実態については別途検討する必要がある。

    2,板橋区資源環境部環境課の報告書について
     普通に読んでも、阿部氏の主張よりは信憑性が高いと考えられる。
     福島由来のホタルを累代飼育したという主張は、DNA検査によって、東北地方のホタルが存在せず、西日本のホタルばかり見つかったということでホタルが福島由来だという主張は既に覆っていると考えるべき。

    3.乙2号証の報告書に登場する伝票の「むし企画」という会社はウナギを扱っている会社で、ホタルを飼育している会社ではないとのこと。会社を見に行ったが、ホタルを飼育できそうな設備は存在していなかったという報告があった。

     大学に居る人間として気になった点は、学位論文審査についてである。
     経歴から見ても、その後の主張(ナノ銀除染を言いだしたこととそれに関連するデモンストレーション)を見ても、阿部氏には、科学の基礎的な知識や素養は無いと判断するしかない。板橋区の調査でホタルの累代飼育が行われていなかったということになると、累代飼育が可能になったという前提で書かれた博士論文の一部が捏造ということになる。また、阿部氏の英語論文はproceedingsが1つあるだけで、他に投稿論文もない。茨城大学としてはこちらの方が問題ではないか。社会人特別枠の審査が甘すぎたということではないのか。一体どういう基準で審査を行ったのだろうか。

    #47 返信

    浅学俊郎

    >免職の理由がホタルの飼育そのものではない以上、阿部vs板橋区の紛争で出された訴訟資料では、ホタル飼育の事実関係は重要視されないことが予想される。従って、飼育偽装について区側の代理人がスルーしたとしても、そのことをもって、ただちに飼育偽装が無かった、ということの裏付けにはならない。

    この件ですが、板橋区が原告の求釈明に対して、「ホタル施設内で、ホタルが飼育されていたという事実は争わない」として、ホタルの累代飼育を擬制自白したのは、むし企画が板橋区を訴えた裁判との認識です。阿部博士が板橋区を訴えた裁判ではありません。

    板橋区ホタル生態環境館あれこれ: むし企画代表が板橋区を訴えた裁判で板橋区が「ホタルが飼育されていたという事実は争わない」と回答
    http://tale-of-genji-and-heike.blogspot.jp/2015/06/blog-post_13.html

    #48 返信

    浅学俊郎

    >また、阿部氏の英語論文はproceedingsが1つあるだけで、他に投稿論文もない。茨城大学としてはこちらの方が問題ではないか。

    英語論文は知りませんが、投稿論文は他にもあるとの認識です。以下にとりあえず知っているものを載せました。

    板橋区ホタル生態環境館あれこれ: 参考: ホタル関連の論文(1)
    http://tale-of-genji-and-heike.blogspot.jp/2015/12/blog-post_7.html

    #49 返信

    浅学俊郎

    すみません、昔、ホタル生態環境館のホームページに載っていた論文リストを発掘して載せました。こちらの方がより広くカバーしていると思います。

    板橋区ホタル生態環境館あれこれ: 参考: ホタル関連の論文(2)
    http://tale-of-genji-and-heike.blogspot.jp/2015/12/blog-post_83.html

    #50 返信

    apj

    浅学さん、

     情報提供ありがとうございます。

     まず、板橋区が飼育について争わない、としている点ですが、ホタル館に最初から最後までホタルがまったく居なかったわけではないので、その意味では争いようがないかと思います。が、阿部氏が言うような累代飼育が行われていたとか、多い年には20万匹(!)羽化したといった事実まで認めているのかどうかは要確認ではないでしょうか。板橋区の訴訟資料が入手できればはっきりすると思うので、松崎さんに訊いてみますね。

     次に論文の評価について。
    http://tale-of-genji-and-heike.blogspot.jp/2015/12/blog-post_83.html
    はよくまとまっていて参考になりますので使わせていただきます。

     自然科学の基準では、査読有りの欧文誌に出たものを論文と呼びます。ですから2008年の
    “The production and transfer of spermatophores in three Asia species of Luciola fireflies”
    は論文と呼べるものです。

     次の、4つ

    日本生物地理学会会報第61巻2006年12月20日 P91-P98
    日本感性工学会 第6巻1号(通算13号)P61-71
    日本生物地理学会会報第59巻2004年12月20日 P83-91
    日本生物地理学会会報第59巻2004年12月20日 P-75-81

    は、和文学会誌に掲載されたものですので、論文としては勘定しないのが普通です。

    その次のこれ2つ

    「感性情報計測と福祉応用」感性工学研究論文集Vol.3No.2.pp.41-50(2003)
    「発光現象のゆらぎ特性」感性工学研究論文集Vol.No.1.pp.35-44(2003)

    はマージナルです。分野によっては論文扱いにする場合もありますので、感性工学分野の慣例によって判断ということになると思います。

    次の、研究会や講演の予稿

    日本感性工学会 第5回日本感性工学会大会予稿集 P.222(2003-10)
    全国魚道実践研究会議2003in岐阜 論文集(2003-10)
    日本感性工学会(2003-09)
    日本感性工学会「エコデザイン2002ジャパンシンポジウム」(2002-12)
    日本感性工学、第4回日本感性工学会大会予稿集2002、p.186(2002-9)
    日本感性工学、第4回 日本感性工学会大会予稿集2002、p.185(2002-9)
    癒しの環境研究会、癒しの環境、Vol.7,No.3,p.30(2002-8)

    は、論文とは呼びません。そのかわり、それぞれを、国内の学会発表1回としてカウントします。

    最後の、

    「The Effect of Ambient Ecological Conditions on the Light Emission Pattern of Firefly」

    は、国際会議のproceedingsのようですね。これもマージナルでして、発表前の審査が厳しい国際会議ですと分野によっては論文と同等に扱う場合もありますが、そうでなければ、国際会議発表1回とカウントはしても、論文には入れないこともあります。

    #58 返信

    apj

    阿部さんの論文ですが、これですね。
    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S002219100800053X

    abstractを見ることができました。

    Abstract
    During mating, many male insects transfer sperm packaged within a spermatophore that is produced by reproductive accessory glands. While spermatophores have been documented in some North American fireflies (Coleoptera: Lampyridae), little is known concerning either production or transfer of spermatophores in the aquatic Luciola fireflies widespread throughout Asia. We investigated this process in Japanese Luciola lateralis and L. cruciata by feeding males rhodamine B, a fluorescent dye known to stain spermatophore precursors. We then mated males with virgin females, and dissected pairs at various timepoints after mating. In both of these Luciola species, spermatophores were produced by three pairs of male accessory glands and were transferred to females during the second stage of copulation. Male spermatophores were highly fluorescent, and were covered by a thin outer sheath; a narrow tube leading from an internal sperm-containing sac fit precisely into the female spermathecal duct, presumably for sperm delivery. Both L. lateralis and L. cruciata females have a spherical spermatheca as well as a highly extensible gland where spermatophore breakdown commences by 24 h post-mating. Similar reproductive anatomy was observed for both sexes in Luciola ficta from Taiwan. These results suggest that nuptial gifts may play an important role in many firefly-mating systems.

    ざっと見た感じでは雄の蛍の精子についての研究で、生殖に関わってはいるけれど、累帯飼育でも放射線がどうこうという内容でもなさそうです。
    (内容の把握は……ホタルの解剖学的器官の名前をまず押さえないと何のことだかよくわからないという……)

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
返信先: 2015/11/28 勉強会に参加しました
あなたの情報: